<< さぁGWだ海外だ! 成田空港で出国ラッシュ(産経新聞) | main | わいせつマイクロSD初摘発=携帯向け、容疑で2人逮捕―警視庁(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


加齢黄斑変性症、目の病気との認識は約2割(医療介護CBニュース)

 日本人の失明原因の第4位で、視力が低下したり、見たい部分がゆがんで見えたりする「加齢黄斑変性症」の認知度は40.6%で、白内障(99.6%)や緑内障(99.0%)、糖尿病網膜症(76.9%)に比べ、圧倒的に低いことがノバルティスファーマの調査で明らかになった。また、疾患名を知っている人に対し、加齢黄斑変性症が身体のどの部分の病気かを聞いたところ、「目の病気」と正しく認識している人は58.5%で、全体では23.8%にとどまった。

 さらに、目の病気と認知している人に対し、加齢黄斑変性症の4つの主な症状の認知度を調べたところ、最も高かったのは「視力が低下する」(57.5%)で、以下は「見たい部分がゆがんで見える」(55.8%)、「見たい部分が黒くなって見える」(38.2%)、「コントラストが低下する」(20.7%)と続いた。

 また、全員に眼科受診経験を聞いたところ、「過去1年より以前に受診したことがある」が49.3%で最も多く、1年以内に受診していたのは35.0%、一度も受診したことがない人は15.7%だった。

 加齢黄斑変性症は、加齢などにより網膜の中心にある黄斑に新生血管ができることで、網膜に障害を来す疾患で、国内の患者数は約70万人。

 調査は、全国の50-70代の男女を対象に、今年2月26日から3月8日にかけてインターネット上で実施。3000人から回答を得た。


【関連記事】
武田薬品とノバルティスがトップ―製薬企業イメージ調査
アルツハイマー型認知症治療薬の選択肢拡大へ
「政府とワクチン政策のあるべき方向性探る」―三谷ノバルティスファーマ社長
国内初のGLP―1受容体作動薬の承認を了承―薬事分科会
新製品の売り上げ拡大で好業績―ノバルティスファーマ7−9月期決算

逃亡クジャク、飼い主はどっち!?「ビデオ判定」へ(スポーツ報知)
日本一の大阪ブドウ復活を 駒ケ谷地区再生へ熱い思い(産経新聞)
キセル乗車、西武鉄道は19人…36人処分へ(読売新聞)
東北新幹線 はやぶさ来春投入 八戸−新青森間12月開業(毎日新聞)
「高齢だからと刑軽くできない」82歳被告に(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 23:19
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
サイドビジネス
モバイル ホームページ
ネットビジネス
クレジットカード現金化
出会いランキング
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM